コンテンツにスキップする

大人サンタプロジェクトとは

貢献マスタージェームス・スキナーの紹介


アメリカ合衆国生まれ。19歳の時に来日し21年間日本で生活。流ちょうな日本語を操る。早稲田大学で国際ビジネス論を学び、アメリカ合衆国大使館、日本電気(NEC)、(財)日本生産性本部、財務広報ライター、アメリカ最大級の研修会社フランクリン・コヴィー社の日本支社長などを務める。経営コンサルタントとして、TOYOTA、マイクロソフト、日本マクドナルド、SONY、米軍、外務省など、100社以上の大企業や政府団体を指導。

「7つの習慣」を日本に紹介し、200万部のベストセラーに。2つの金融グループを設立し、ゼロから2000億円のヘッジファンドに育て上げる。自ら直接30社以上の経営に携わり、世界規模でビジネスを展開。常に日本や世界のリーダーたちとのつながりが深く、世界的リーダーの育成や、世界で通用する経営者の育成に力を入れている。講演家としても累計50万人以上を動員した実績を持つ。また、過去に、元アメリカ合衆国副大統領のアル・ゴア氏、元ロシア大統領のミハイル・ゴルバチョフ氏、スティーブン・R・コヴィー氏、マーク・ヴィクター・ハンセン氏などとの対談やピーター・ドラッガー氏、ケン・ブランチャード氏、ロバート・キヨサキ氏などの来日プロデュースやナビゲーター役などをつとめた経験を持つ。2020年には初版100万部を記録する『世界最強のCEO』を出版し話題を呼んでいる。


■ジェームス・スキナー出演番組

TBS「ビートたけしのガチバトル2011」

読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」

テレビ大阪「たかじんNOマネー」

CNBC「夜エクスプレス」

NHK BS1「生き生き首都圏」(レギュラー)

テレビ大阪「おしゃべり経済Q」(レギュラー) CNN「世界ニュース(Richard Quest)」

NHKニュース

NHK「ビジネス英会話」

NHKラジオ「NHKジャーナル」

文化放送「世相ホットライン」

日本テレビ「太田光の私が総理大臣だったら...秘書田中」

BSジャパン「ほね、ホネ、本音」

SKYPerfect TV「ビジネス・ブレークスルー」

テレビ朝日「Jのこだわり」

テレビ東京「幸せをつかむテレビセミナー 成功への9ステップ」

フジテレビ「FNSソフト工場 失敗がいっぱい」

札幌テレビ「道産子ワイド」

東京FM「ウイークエンドマイスター」 Rush99.5(シンガポール)



■新聞・雑誌掲載履歴

月刊Will /月刊正論 /GLITTER /週刊アスキー /生産性新聞(連載) /夕刊フジ(連載) /ビジネス・データー(連載) /日刊現代(連載) /日経新聞 /産経新聞 /朝日新聞 /日本経済産業新聞 /Financial Times /South China Morning Post /Forbes /Economist /Seven Hills /Business Times /Singapore Tatler /日経ビジネス /経済界 /経済同友 /サンデー毎日 /文藝春秋 /Dime /Sapio /TYPE /Boss /賃金実務 /秘伝(初見良昭との対談) /XL /Straits Times /Millionaire Asia

About me

児童養護施設の子供たちへのストーリー

本気で思えば、どんな願いも叶う?



お金がない中、100人の子供を

ディズニーランドに連れていけた理由





最初にもお話しましたが、大人サンタは

当初、ジェームス氏により企画され



昨年その弟子たちにより継承された

13回目が成功を収めました



多くの子供たちをディズニーランドに連れていくのですから

相当な労力とお金が必要だというのは分かりますよね?





ですので



こう思う方も

いらっしゃると思います。





「ジェームス・スキナー氏は成功者で余裕があるから

こんなことが出来るんだろう・・・」



しかし



今でこそ成功者として確固たる地位を築かれている

ジェームス・スキナー氏ですが



実は、大人サンタを最初に企画したのは

お金も地位も、まだ何もない

ほんの小さな会社の代表だったときなのです。







ジェームスは、ある日

施設の子どもたち100人を

ディズニーランドに

連れて行こうと思いました。



しかし、会社にお金はありません。







会社のスタッフにも



『預金通帳の残高を見ていますか?

そんなお金ありませんよ』



と猛反対されました



しかし



ジェームスは



絶対にあきらめたくない!!



と強く心に決めたのです







親戚、友達、お客さん、取引先

考えつく限りの知り合いに・・・・



子供達をディズニーランドに連れていくことが

どんなに素晴らしいことなのか・・・・・



1人1人、熱意をもって伝えていきました







「子ども1人分のパスポート代

昼食代、交通費を出してくれれば

子どもたちはいい思い出が作れる

一緒に1日過ごして、遊んでくれないか?」





110人に声を掛けました



・・・・・・

・・・・・・



そして



ついに



必要なすべてのお金と

子供と遊んでくれる大人たちが

集まりました





子供たち全員をディズニーランドに

連れていくことが出来たのです

どのように招待してきたのか

大人は

小学生から 高校生まで

の養護施設の子どもと

【1対1のペア】となり



そのペアが5組集まり

10人くらいの

小グループになって



朝から夕方まで

ディズニーランドで

楽しく遊びます



めいっぱい、子供たちに

素敵な大人を

魅せつけてあげて下さい(^^)/



子供たちの

この世界に抱くイメージ



未来の人生への希望や夢が

これまでと違ったものに

なるかもしれません



とは言っても



無理をして偽りのカッコいい大人を

演じる必要はないのです





100%のエネルギーで

子供達と同じ目線に立って

遊んであげるだけで

その思いは伝わります!



子供たちにとって

素晴らしい刺激となり

新しい視点が広がるのです



そういう風に一緒になって

遊んでいる中で



子供たちに

大人になる喜び、楽しさ

未来への希望を



自然に感じさせてあげて下さい



また、たくさんのディズニースタッフも

待っててくれています

あらゆる大人たち

大きな子ども

参加する大人は著名人だったり、サラリーマンだったりあらゆる人のつながりでチケットをつかんでいます。普段から子供と触れ合っていない人も多く、戸惑いながらも一緒になってディズニーランドを楽しんでもらっています。